A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハプスブルク 1

不覚にも今年になるまで全く知らなかったのですが、今京都でハプスブルク展を開催しているみたいでしかも昨年末まで東京で開催していたそうではないですか! 
http://www.habsburgs.jp/

確かにハプスブルク関連のネット情報を検索してみるとこの話題で盛り上がっているようです。
考えてみれば周りにハプスブルクに興味のある友人・知人など一人もいないし、新聞も読まずテレビも観ない、おまけにネットもここ数ヶ月殆どやっていなかったし.....まあこのようなライフスタイルが災いしたのですね。
京都会場の方は3月中旬までは開催しているそうなのでなんとか時間を作って、とも思うのですが、京都かあ....無理だろうなあ.....
しかし、私の大好きなマリアテレジアの肖像画も展示されているのかあ(少女時代の有名な肖像画だけど、あの可愛らしさは本当にヤバイです).....見たいなあ....
ベラスケスの絵も2枚来ているみたいだし、シシィ(エリザベート)の肖像画もあるのか....ああ、行きたい!

このハプスブルク展では、最近売れっ子の中野京子さんもタッチしているみたいですが、彼女の代表作(ですよね?)怖い絵
怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野 京子

商品詳細を見る
は書店で見かける度に気になっているものの未だに読んだ事がないのです。

まあそんなわけで早速彼女の著作ハプスブルク12の物語を読んでみましたが、
名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)
(2008/08/12)
中野 京子

商品詳細を見る
これは素晴らしい本でした!
歴史関連の書籍というのはとかく退屈になりがちで、恰好の睡眠導入剤にしかならないものが多いですが、この本はとても読みやすくてしかも内容が濃いのです。
特にベラスケスの最高傑作「ラス・メニーナス」を解説する章では、スペイン・ハプスブルクの終焉をたった数枚の絵を使うだけで見事に説明しつくているのです。

ただし、残念な部分が一つありました。
「フリードリヒ大王のフルート・コンサート」という章で、フリードリヒ2世について解説している所が一部間違っています!
同書の134頁にこう書かれています
「....大王は純粋な科学的探求と称して、生身の人間を使った実験をいろいろしており、とりわけ残酷なのは捨て子を使ったもの。赤ん坊にミルクだけを与え、一切の肉体的接触を禁じるとどうなるかを試した。赤子は次々みんな死んでしまい....」
このエピソードは明らかに別人についてのものです!
実は、歴史上フリードリヒ2世という名の人物は二人おり、上記エピソードは同じフリードリヒ2世でも13世紀の神聖ローマ皇帝についてのものです!
この章に登場するフリードリヒ大王は18世紀のプロイセン王ですから全く別の人物なのですね。

誰にでも勘違いはあると思いますからあまり目くじらは立てるつもりはありませんが、この本は相当売れているみたいですから多くの読者が間違った知識を持ってしまうのもどうかと思い書かせていただきました。

ともあれ、久しぶりにハプスブルクに興味が再燃してきました。
まだまだ沢山書きたい事があるので続きはまた後日....

スポンサーサイト

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。