A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Choram as rosas バラが泣いている

今夜はブラジルではかなり有名な歌を紹介します!
ブラジル人でこの曲を知らない人は多分いないと思います。

私のブログタイトルを見てお分かりかもしれませんが、私はバラが大好きです。
美しく、気高く、そして危険な花..........

そんなバラをモチーフにしたこの曲、もちろん私も大好きです。

Bruno e Marronne が歌う「Choram as rosas」です!



Choram as rosas バラが泣いている

Seu perfume agora se transforma em lagrimas 君の香りが今は涙へと変わり

Eu me sinto tao perdido 僕はこれほどの喪失感を感じている

Choram as rosas バラが泣いている

Chora minh'alma 僕の魂が泣いている

Como um passaro de asas machucadas 羽を折った小鳥のように

Nos meus sonhos te procuro 僕の夢の中で君を捜す

Chora minh'alma...僕の魂が泣いている

Lagrimas Que invadem meu coracao 僕のハートへ押し寄せる涙

Lagrimas Palavras da alma それは魂の言葉

Lagrimas A pura linguagem do amor... 愛のピュアな言葉

Choram as rosas バラが泣いている

Porque nao quero estar aqui どうしてここにいたくないんだろう?

Sem seu perfume 君の香りがしない

Porque ja sei que te perdi もう君を失ったことを知ったから

E entre outras coisas そして他の物事の中で

Eu choro por ti... 僕は君を想い泣いている

Falta seu cheiro que eu sentia quando voce me abrasava
君を抱きしめた時感じた香りがないんだ

Sem teu corpo
Sem teu beijo
Tudo e sem graca...
君の体、君のキスがない僕に喜びはないんだ

Choram as rosas................
バラが泣いている................
.....................................

スポンサーサイト

Um anjo te roubou de mim...........

こんばんは.......

なんだか最近とても疲れやすいです。
元来横着者の私は机に向かって読者や勉強するということは殆どなくて、大抵寝っ転がりながら本をめくっているのです。
すると大抵は知らぬ間に眠りこけてしまいます.......
そんな訳でつい先ほど目が覚めましたのでブログでも書こうと思います^^

さて、先ほど眠りこけるまでこの動画をBGM代わりに読書をしていました。
確かシティーオブエンジェルの主題歌だったかな?
もう随分昔に観た映画ですから詳細はよく覚えていなんですが、とても悲しい映画でしたね。

しかしこの動画で流れるポルトガル語のメッセージ、なんと切ないことでしょう..........




今日あなたの事を考えながら目を覚ました...
深く悲しい思慮の中で...

あなたと一緒に目覚めた.....

どうすれば全てをやり直す事が出来たのだろうか?
そこに留まりたいとせがむ過去の想い出が私の胸をしめつけ....

今日、神様にお願いした....あなたを

あなたを私の下へと帰してくれることを....
しかし、彼は言い張った、分かっているだろう?と
あなたが二度と戻らぬ所へ行ってしまった事を....
さよならすら言えず.....
あたなを失った時に私がどれほど寂しい思いをしたのか言う時間すら与えられず.....

あなたは行ってしまった...

私よりもっとあなたを愛し、敬った天使と一緒に...
その天使の愛は、私に現実とは違っていたかもしれない可能性を見せた...
もっとあなたを愛せたかもしれなかった.....
もっとあなたに尽くせたかもしれなかった....
その天使は永遠の愛とともにあなたを得た......
私が期待しなかった間に彼は私からあなたを奪った...
その天使よりあなたを愛せなかった苦しみと一緒に私を置き去りにしていった....

私から彼を奪ったその天使

どうして私だけを置き去りにしたの?
戻ってきて、そして私も連れて行って....
私も天使の両手まで行き、彼のようにあなたを獲得したい....
そんなことは不可能だ、なんて言わないで.......
あなと一緒にいるためにどんな形だって必要なの....
その天使の両手.......

あなたを愛したように私を愛した.....

私の下へ来て、そして私を連れて行って.....
あなたを失ったまま生きるこの悪夢を取り去って、そしてあなたの人生に居る天使だけが存在する場所へ連れて行って......

私を...................

あなたと一緒にいさせて、私に過去を償わせて..........
ただ、あなたの恵みになることだけを切望するの.......
それでもあなたは不十分だと思うに違いないわ......
かつて私を愛してくれた人のなぐさめだけでいさせて......
あなたの助けなしにあなたについていくから......

でも私には確信があるの

私はあなたを永遠に愛した.....

あなたは私の生き甲斐だった....
そして....

生きる事を忘れてしまったことが私の過ちだった......


........と言うわけで、またまた感傷的な気分になってしまったカカセオです

例によって訳が下手な点はご勘弁下さいね~

Unchained Melody ポルトガル語版

こんばんは~

季節柄じめじめと蒸し暑い日が続きますが、この不快さを乗り越えればもうすぐ私の一番好きな季節がやってきます!
水の星座に産まれた私は、水と沢山ふれあえる季節である夏が一番好きなのです。
今年は一回くらい海へ行けるかな?

さて、私の大好きなオールディーズのポル語字幕版をみつけたので貼っちゃいます!
正直、ポルトガル語を勉強する以前の私はこの歌の意味は正確にはわかりませんでした^^
もちろん、簡単な歌詞ですから大体の意味は分かっていましたが、こういう歌詞は意味以前に微妙な心情が伝わっていないと意味ないですからね。

こうしてポルトガル語から日本語に訳して改めてこの歌をじっくり味わってみると、本当に素敵な歌ですね!



愛する人よ、愛しき人よ
君の愛撫をどれほど待ちこがれていることか
それなのにずっと一人きりの時間
時はこうもゆっくりと流れ
こんなにも君のいない時間を僕に与えた
君はまだ僕のものなのかい?
君の愛が必要なんだ
君の愛が
お願いだから、君の愛をすぐに僕の下へ届けておくれ

ひとりぼっちの川はながれていく
海へ、海へと
両手を広げて待つ海の元へ
ひとりぼっちの川はため息をつきながらこうつぶやく

「僕を待っていておくれ」

もうすぐ君の待つ家へ帰るよ
だから僕を待っていておくれ

ああ愛する人、愛しい人よ
君に会いたくてたまらない
君の愛が待ちきれない
もうずっと一人きりの時間
時の過ぎ去るのがこんなにも遅いなんて
こんなにも君がいない時間を過ごしてしまった

君はまだ僕のものなのだろうか?
僕には君が必要だ
君の愛が必要なんだ

お願いだから、君の愛を今すぐ僕の下へ届けておくれ

それにしても、ポルトガル語ってやっぱりロマンチックな言語だなあ。
さて、うっとりした気分のまま眠って今夜は良い夢をみることにします。

Boa noite ! vor sonhar com vc esta noite..............

SAUDADE(サウダージ)

さて、前回に引き続き今日もポルノグラフィティから一曲。
あの超有名曲「サウダージ」です!
しかも浜崎あゆみとのコラボ!



イイですね~

この曲のおかげかどうかは知りませんが、「サウダージ」というポルトガル語は日本でも最も知られたポルトガル語の一つではないでしょうかね?

SAUDADE

この言葉は意外に日本語にするのが難しい気がします。
私なりに定義するなら、「今は離れている人や場所などを懐かしむ気持ち」という感じですかね。
例えば、ブラジルの友人や恋人あるいは家族同士でメールのやりとりをする時、SAUDADEという言葉は必ずと言って良いほど使われます。

Estou com saudade de voce.
無理矢理カタカタ表記すると「イストウ コン サウダージ ジ ヴォセ」ですかね.....
これを日本語訳にすると

「あなたの事が恋しい」
「あなたが懐かしい」
「あなたがいなくて寂しいよ」

などと、色々なニュアンスを含んでいるのですね。
結局、SAUDADE をどう訳すのかはその当事者間の間柄でしか分からない事なのかもしれません。

正直、言語学習って結構辛いですよね。
聖書によれば、昔は一つであった人類の言語は神の罰により多数の言語に別れてしまったそうですが、それでもやはり神の罰には「愛」が含まれているのではないでしょうか。

今は遠く離れてしまった異国の大切な人達。
その人たちが時々贈ってくれる SAUDADE の文字を見る度に色々な風景が浮かんできます。
それは辞書では調べる事が出来ない、もちろん日本語にも出来ない、かつて共に過ごした大切な時間........つまりそうした一つの情景そのものなのです。

愛が呼ぶほうへ

こんばんは!

今年は愛に満ちた一年になりますように..............

私の最も愛する曲、ポルノグラフィティー「愛が呼ぶ方へ」を皆さんに贈りますね。
カカセオ訳のポルトガル語歌詞付きですよ~^^




Fica chovendo na costa do homem o qual esta compensando seu pecado.
償う人の背で降り続く雨

Vou te dar agua pura como queser.
綺麗な水をあげよう、望むまま

Esta ventando aos olhos do homem o qual esta vacilando.
とまどう人の目に吹き付ける風

Se nao possa ver, feche os olhos .
見えぬなら閉じればいい

Eu te conduzo pegando sua mao .
手を取ってあげよう

Sabe de mim ? Eu sempre fico ao seu lado.
僕を知っているだろうか?いつも側にいるのだけど

Eu sou o amor. Veja! ja nos nos encontramos varias vezes ne ?
My name is Love. ほら何度でも僕たちは出会っているでしょう

Exatamante, de longe e de perto, eu te estou vendo com atencao.
そう、遠くから近くから君のこと見ている

Quand voce perdeu um amor e seu amigo chorou junto ,eu estava sorrindo ao lado dele.
幼い恋の瀬に一緒に泣いてくれた友の隣で微笑んでいた

Quand voce viajou e seu pai despediu calando , eu estava aceitando as lagrimas da costa dele.
旅立つ君をただ黙って送った、父の背中の涙を受け止めていた

Voce sabe que nao so aregria mas tambem tristeza ?
君は知っているだろうか?悲しみも喜びも

Meu nome e amor. E que um nome dos muitos que eu tenho.
My name is Love. 僕が持つ沢山の名前の一つだから

Exatamante, e eterno , um instante, e tudo para voce.
そう、永遠で一瞬で君にとっての全てだ

Como uma flor estende-se para o ceu. Como um viajor atravessa o mal.
花が空に伸びゆくように、海を越える旅人のように

A gente sempre deve ser conduzido.....
いつも導かれているのでしょう

para onde o amor chama.
愛が呼ぶほうへ

本当、胸がキュンとなるような美しい曲です。
誰だってきっと誰かを愛し、誰かに愛されているのですね。

 | HOME |  »

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。