A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大国主命(オオクニヌシノミコト)

BOA NOITE !

静かな夏の深夜です。

さて、出雲大社へ行くスケジュールをすこしづつ立て始めています。
とはいえ私の土地からは相当な距離になりますので、最低一泊はしないと.......

出雲大社に鎮座する大国主命は私がずっと憧れ続けている神様。
今日はこの神様の話をすこしさせてください。

出雲という土地は不思議な場所です。
旧暦の10月を神無月と言いますが、出雲では神在月(神様達が出雲に集合するのですから....)。
出雲大社の注連縄はなぜか一般の神社とは結び方が逆。
さらに、出雲大社の参拝は、二礼・四拍・一拝が習わし(他の神社は二拍)。

大国主は、出雲の支配者としては素戔嗚尊(スサノオ)の後継者にあたります。
一般には「因幡の白ウサギ」という神話がよく知られていますが、か弱いウサギに優しく接する一方で、兄弟の八十神から受ける酷い仕打ちに耐え、スサノオの科す数々の試練を乗り越えながら逞しい王に成長していく様子は正に正統派ヒーローそのものです。
日本神話の神様というとどうしてもアマテラス率いる天孫族ばかりが注目されがちですが、古くから庶民の間では大国主命を初めとする国津神の方がより親しまれてきたのです。

大国主命はプレイボーイとしても有名な神様です。
記紀に登場する結婚相手だけを挙げてみても、ヤガミヒメ、スセリビメ、ヌカワヒメ、タギリヒメ、カムヤタテヒメ、ヤジマムジノ、とまあこれだけ出てきます。
まあ、悪く言えば単なる浮気者なのですが、元々美男子な上、優しく、男気溢れる人柄は男女問わず誰からも好かれるカリスマ性を持っていたと言えるのです。
その証拠に、日本書記は出雲制定にまつわるこんな逸話を記しています。

タカミムスヒは出雲制定のため天穂日命を派遣しますが、三年経っても帰ってこない。なんの事はない、天穂日命は大国主命に懐柔されてしまったのです。
そこで、次ぎに大背飯三熊之大人を送りますが、これも大国主命の魅力にすっかり取り憑かれてしまい帰ってこない。
さらに、三番目に派遣された天稚彦にいたっては、帰ってこないばかりか、何と大国主命の娘と結婚してしまったのです!
大国主命がいかに魅力的な人物だったか良く分かりますね。

しかし、大国主命はその後、猛将タケミカヅチの派遣によって出雲を譲り渡すことになります。
この国譲りの場面は個人的に日本神話でも指折りの名シーンだと思うのですが、なぜか一般には殆ど知られていないのは昔から納得出来ません。こういう所にも戦後歴史教育の悪しき面がかいま見られるのです。

ともあれ、表面上は平和裏に実現したことになっている「国譲り」ですが、実際は違うという説が古代史界では強く言われています。
これについては伊沢元彦氏の「逆説の日本史1」で非常に面白い説が紹介されています。

出雲大社本殿で、大国主命は参拝者に対し「そっぽを向いた状態」で祀られているのだそうです。
さらに、本殿には大国主命と共に高御産巣日を初めとする五柱の神々(いずれも高天原の神)が祀られており、これらの神々はきちんと参拝者側を向いているのだというのです。
これは何を意味するのか?

伊沢氏はこう説きます。
出雲大社は大国主命の怨霊を封じ込める為に立てられたのであり、合祀されている五柱の神は大国主命の監視役なのだと。
したがって、参拝者は大国主命を参拝したつもりになっているが、実際はアマテラス系の五柱神だけを知らず知らず参拝しているのだ、というのです。
なにしろ、当の主役・大国主命は「そっぽを向いている」のですから......

考えてみれば出雲大社の社殿がかつては東大寺大仏殿を超える高さがあった、とされる伝説の信憑性が増して来ている昨今、古来より日本人が畏怖し続けた怨霊思想の萌芽がここに見られるような気がします。
大国主命は「卑劣な手段」によって時の権力者から抹殺された実力者だったに違いありません。

さて、今日は長話になってしまいました
明日も早いのでもう寝ます!
スポンサーサイト

七夕の夜だから......

七夕ですね。
せめて今夜くらいはロマンティックな気分で..................

カカセオという星の神様は、歴史作家三浦竜氏の説によると、元々は葦原中国制圧の為に高天原より使わされた天津神の一人ではないか?と考えられるそうです。
ところが、いざ葦原中国へ赴いたカカセオはどうした訳かアマテラスの命に背き、敵方の民に寝返ってしまったらしいのです。

以後、天孫族の裏切り者として高天原勢力に対し徹底した反抗を続けるカカセオ。
高天原勢力側はカカセオを服従させるべく、百戦錬磨の猛将、武甕槌命・経津主神を送り込みますが、カカセオを屈服させることはかないませんでした。
雷神と言われる武甕槌命は、出雲の国譲りの際に豪腕で知られる建御名方神を子供扱いした程の実力者ですが、カカセオは勝利します。

どうしてカカセオはこれほど強かったのでしょうか?

そもそもなぜカカセオは誇り高き天孫族としての身分を捨て、それまで見下していた葦原中国の民の肩を持ったのでしょうか?

私はではないか?思うのです。

制圧隊長として派遣されたカカセオはきっとその地の豪族の一人の娘と恋におちたのです。
天孫族とは比べものにならないほど遅れた文明、知識、科学技術しか持っていなかったであろう彼ら土着民と共に過ごし、その純粋な思想・素朴な人柄、そして美しい心をカカセオは初めて知ったのです。

愛する者の為に闘う男は恐れを知りません。
次々に送り込まれる刺客たちを相手にカカセオは少しもひるむことなく闘い続けたのでしょう。
ただ、愛する人を守る為だけに.......

そんなカカセオもやがて屈服する時を迎えます。
カカセオの抵抗に業を煮やした高天原勢力は最強の武将・建葉槌命を派遣しました。
カカセオはついに服従することになったのです。

その後、カカセオはどうなったのでしょうか?

私は生き延びたのだと信じたい。
愛する者と共に素朴な仲間達と静かに暮らしたのだと思いたいのです。

きっとそうですよね?

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。