A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレオール語が教えてくれたもの

ポルトガル語を勉強していると、恐らく誰もが目にするようになる言葉に「クレオール」というものがあります。
ポルトガル語式に言うとcriouloとなりますが、その本来の意味する所は「植民地生まれのヨーロッパ人」とされます。
ところが、このクレオールという言葉は、やがて植民地産であることを強調する形容詞として使用されることになり、「クレオール語」なる不思議な言語を登場させるのです。

クレオール語とは、一言で言うなら植民地で産まれた、オリジナルとは異なるヨーロッパ言語類です。
ヨーロッパによる植民地支配に伴う現象として、「異なる言語同士の接触」というものが必須になります。
その場合、まず殆どのケースでは支配者側が被支配者に自国の言語を習得させる事になります
(台湾人や韓国人の高齢者達が日本語を上手に話すのもその為なのですが......)。

ところが、チョムスキーが説くようにいくらヒトが言語獲得器官を生理的に備え、普遍文法を本来的に理解しているとしても、異国言語をそう簡単に完全な形で習得出来るものではありません。
何しろ現代の我々だってこんなに苦労しているんですから......

で、異国言語を学ぶ場合は大抵の場合次のようなプロセスを経ることになります。

すなわち、

1 自国言語の構造を手がかりにしながら、
2 他国言語をまず一旦それに当てはめ、
3 そしてそれを再構築する

というパターンです。

ところが、3の再構築は必ずしも必要でない場合も多いのです。
例えば、以前バチスタというブラジル人がよくこんな冗談を言っていました。
「バチスタ、女 若い ほしい、おねがいします」
これはポルトガル語 Eu quero uma mulher nova, por favor.の文法はそのままに、単に語彙を日本語に直したに過ぎない文章なのです。
当然これを正しい日本語に直すには形容詞の順序変更、助詞の追加といった再構築が必要な訳です。

しかし、注目すべきはこのままでも十分意味が通じる!という事実です。
だとするならば、目的をことコミュニケーションのみに限定する限り、他言語の完全な習得は必ずしも必要ではないことになります。
要は通じればイイのです。
各植民地でクレオール語が発達していった背景にはこのような事情があったと思われるのです。

さて、ポルトガル語学習を通じてクレオール語の存在を知り、私が感じたのは言語の柔軟性です。
こと言語学習に関しては完璧主義者が多すぎる日本の学習者達。
形式美よりも、もう少し pragmatismo (実用主義)を重視しても良いのではないでしょうか?
スポンサーサイト

ポルトガル語に興味を持ちましょう!Tenham interesse pelo portugues !

Oi , meus amigos!

Geralmente eu só escrevo em japones este blog.

Mas hoje estou escrevendo em português.

É um caso de recentemente.

Uma minha colega japonesa começou estudar o portugês!

Ate agora, eu ja aconselhei a umas colegas que estudassem o portugês, não obstante ninguém
teve interesse por ele.

Certamente, o portugês é menos popular do que o ingrês.

Mas hoje em dia, muitos brasileiros vêm trabalhar para aqui no japão. por isso a importancia dele deve aumentar.

Eu estou contente que essa colega tenha interesse pelo portugês!

はい

と言うわけで、一人でも多くの人がポルトガル語に興味を持って貰いたいものです。

好むと好まざるとに関わらず、これからの日本はブラジルを初めとした南米文化との交流は避けて通れないのですから。

初!チョムスキー(汗)

こんばんは~

苫米地博士の本を読んで以来、すっかり洗脳されてしまったカカセオです

私は頭が良い人が好きなのです(自分の頭が悪いから)。

で、せっかく洗脳されたのですから、「ちょっとチョムスキーの生成文法でも囓ってみるか~」といういつもの軽いノリで早速紀伊国屋へ行ってナビしてみたのです。

すると.............

丁度良い本が出てきました。

「チョムスキー入門」(光文社・町田健 著)新書なので安い!

というわけで、買ってきて読み始めました。

なのですが...................

「?」

いやはや、想像以上の難しさです。

結論だけ言ってしまうならば、チョムスキー理論の目指す所は、全言語の本質解明であり、そのために彼が仮定した存在が普遍文法であるわけですね。

人間という種は、本能として普遍文法を持っているらしいのです。

この普遍文法というものは、全ての言語に共通するものであり、それぞれの言語圏に産まれた幼児達は、この本来持っている普遍文法の中から、自らの環境に与えられた刺激に応じた選択の結果、個別言語(例えば、日本語とか英語とか)を獲得していくのだということです。

つまり世界どの国の言語も根本的な文法は一緒であり(何しろ人類が本能として持っている物なのですから....)、各個別言語としての選択肢(生成文法ではパラメータと呼ばれるそうです)が異なっているに過ぎない!という訳です。

なんですが、その中身に関しては今のところサッパリ分かりません

まあ、言語学自体は外国語学習に役に立つものではないのですが、せめてチョムスキー理論くらいは抑えておきたいなあ~と軽い気持ちで読み始めたのが間違いでした。

ですが......嵌ったら怖いかも


難しいですね、冠詞。

こんばんは!
暑いですね~

あまりに暑いので髪の毛をバッサリ切ってソフト・モヒカンにしてきました
なんか北斗の拳に出てくる悪者みたいで恰好イイです。
周りのみんなはビックリしていますが、ブラジレイラ達の評判は上々なので、寒くなるまでこのヘアースタイルで行こうと思います。

ええと、今日は冠詞について少し。

日本語の名詞は数の観念に対しとても無頓着ですよね?
ところが、ポルトガル語や英語では名詞について語る時は、常に単数・複数、特定・不特定の区別をキッチリ意識する必要があるわけです。
これはもう、言語構造の違いなのですから、私達が冠詞を苦手とするのも無理はないのだと思います。

私の職場でポルトガル語で書かれたこんな張り紙がしてあります。
QUAND SAIR APAGE LUZ (部屋を出るときは消灯して下さい)
APAGARは「消す」という動詞、LUZは「光」です。

実はこの文章は間違いです。
つまり、LUZの前に定冠詞Aが抜けているのです。
「明かりを消す」という行為はなんらかの特定された光源が対象になっているものです。
ですから、定冠詞が抜けてしまうと、「光というもの一般」を消すというおよそ実現不可能な行為になってしまいます。

冠詞というと、我々日本人は「名詞にくっつくおまけみたいなもの」というイメージを持ちがちですが、実のところそれは全くの逆で、本当は冠詞が主役だと思った方が良いのでしょう。
実際にネイティブ達の脳では、会話の中に冠詞が登場した瞬間、次ぎに出てくる名詞の性質を予想する機能が働いているのでは?と思われます。
すなわち、冠詞が登場した時点ですでに、目的物の属性のうち、単数or複数・特定or不特定という情報が告知されている事になるのです。
残された情報は目的物の具体的種類だけ。つまりこれが名詞です。
そう考えると、冠詞というものは実に機能的なものと言えますね。

冠詞は日本人にはなかなか完璧に使いこなすのが難しい品詞なので、ついつい手を抜きたくなるものですが、ある意味西洋言語の最も優れた特徴の一つと言えるかもしれません。

というわけで頑張りましょう!

英語っぽいポルトガル語

Oi ! Tudo bem com vocês

こんばんは!

たまにはポルトガル語の単語を少し紹介してみましょうか?

とはいっても、あまりランダムに紹介してもつまらないだけですから、おなじみの英語単語によく似た単語を紹介することにしますね。

cidade →city 「街」
impossivel→impossible 「不可能な」
animal→animal 「動物」
sucesso→sucsess 「成功」
nome→name 「名前」
presidente→president 「大統領」
honesto→honest 「誠実な」
salário→salary 「給料」
motivo→motive 「動機」
carro→car 「車」

etc..........

まあ、きりがないのでこれくらいにしますが、とにかく沢山あるんですね。
そういった意味では英語の知識がいかに他の西洋言語学習にも役立つか良く分かるかと思います。
言語学上、英語はゲルマン語派、ポルトガル語はイタリック語派、とそれぞれ異なる系列に属していますが、そもそも元を正せばどちらも「インド・ヨーロッパ祖語」と言われるルーツにたどり着く訳ですから.......

懐かしの学校給食

こんばんは

もうすぐ夏本番ですね。

先日、二人の友人達と朝方まで色々話し合っていました。

最初は角川春樹氏の人となり云々から始まり(笑)、サミット&環境問題、モンスターペアレントの話題から、その後はなぜか学校給食の話しで盛り上がってしまいました。

「ミルメーク」「ミソピー」「三角ゼリー」「冷凍リンゴ」「唐揚げ+さくらご飯+塩もみ」「焼きそば+小コッペ」「いりどり」etc.........

今になって妙に懐かしく感じるあの絶妙な味付け.......

で、その時はみんなでアノ値段であれだけの美味しいメニューを用意出来るのは恐らく日本だけだろう!そういった意味では学校給食は日本の文化だ!と結論づけたのです。
(実際には税金の補助でまかなわれている部分が大きい訳ですが......)

脱脂粉乳はGHQが余っている家畜の餌を回したものだとか、それまでパンしか出なかった給食にご飯が出るようになったのは減反政策と重なるコメ余り対策の一環だったとか、その時々の時代背景を如実に反映して来た学校給食。

先割れスプーンの悪名は一時社会問題にまでなりました。

学校給食が良くも悪くも私達の成長期を支えてくれたのは紛れもない事実ですね。

ああ、懐かしい.....

それと、私は知らなかったんですが、環境問題でこれからかなり注目されるアイテムの一つに「ヒートポンプ」なんていうのがあるんですか?
電気製品などで使用されている比率は未だそれほどでもないみたいですが、省エネ効果はかなり期待出来るモノだとか.......
今度詳しく調べてみようと思います。

外国語を理解するための+α

Boa noite !(こんばんは)

先日、某知人より身元保障人になることを頼まれたカカセオです

さて、今日の話題です。

例えば、外国語を学ぶにあたり、名詞・動詞・助詞・副詞・形容詞等のボキャブラを全て覚え、文法もマスターしたとします。
しかし、それだけで外国語をマスターしたことになるでしょうか?

なりませんよね?

そう、何か+αが足りないのです。
それは、場合によってはその国の歴史であったり、宗教であったり、習慣であったり.......一言で表現するならば「文化」とでも言った方がよいのでしょうか?

例えば、「私の名前はユキです」を英語に直すと、普通は
My name is YUKI. と表現すると思います。

ポルトガル語では
Meu nome é YUKI. となります。

両者を眺めると分かるように、実はいずれも日本語を直訳しただけのものです。
語順も全て一緒。
だから、こういう表現は日本人にとっては非常に理解し易いのです。

ところが、スペイン語の場合はガラリと変わります。
Me chamo YUKI. となりますが、これを直訳すると「私はユキと呼びます」になるのです。
もちろん、Mi nombre es YUKI. と言う表現も使えますが、おそらくスペイン語文化では不自然に受け取られるでしょう。

これこそが語学文化の違いなのでしょうね。


七夕の夜だから......

七夕ですね。
せめて今夜くらいはロマンティックな気分で..................

カカセオという星の神様は、歴史作家三浦竜氏の説によると、元々は葦原中国制圧の為に高天原より使わされた天津神の一人ではないか?と考えられるそうです。
ところが、いざ葦原中国へ赴いたカカセオはどうした訳かアマテラスの命に背き、敵方の民に寝返ってしまったらしいのです。

以後、天孫族の裏切り者として高天原勢力に対し徹底した反抗を続けるカカセオ。
高天原勢力側はカカセオを服従させるべく、百戦錬磨の猛将、武甕槌命・経津主神を送り込みますが、カカセオを屈服させることはかないませんでした。
雷神と言われる武甕槌命は、出雲の国譲りの際に豪腕で知られる建御名方神を子供扱いした程の実力者ですが、カカセオは勝利します。

どうしてカカセオはこれほど強かったのでしょうか?

そもそもなぜカカセオは誇り高き天孫族としての身分を捨て、それまで見下していた葦原中国の民の肩を持ったのでしょうか?

私はではないか?思うのです。

制圧隊長として派遣されたカカセオはきっとその地の豪族の一人の娘と恋におちたのです。
天孫族とは比べものにならないほど遅れた文明、知識、科学技術しか持っていなかったであろう彼ら土着民と共に過ごし、その純粋な思想・素朴な人柄、そして美しい心をカカセオは初めて知ったのです。

愛する者の為に闘う男は恐れを知りません。
次々に送り込まれる刺客たちを相手にカカセオは少しもひるむことなく闘い続けたのでしょう。
ただ、愛する人を守る為だけに.......

そんなカカセオもやがて屈服する時を迎えます。
カカセオの抵抗に業を煮やした高天原勢力は最強の武将・建葉槌命を派遣しました。
カカセオはついに服従することになったのです。

その後、カカセオはどうなったのでしょうか?

私は生き延びたのだと信じたい。
愛する者と共に素朴な仲間達と静かに暮らしたのだと思いたいのです。

きっとそうですよね?

天才・苫米地博士の英語本!

今日からブログスタートとなりました。
カカセオです。
カカセオとは日本神話における星の神様。
今日は七夕ですから、これほど良いタイミングでスタート出来るとは光栄の至りですね。

さて、初日の今日はこんな書籍を紹介したいと思います。
苫米地英人著 「英語は逆から学べ」です。
話題の書籍ですから、知っている方も多いかと思います。
詳しい情報はこのページで宣伝されています。
http://www.forestpub.co.jp/amazon/gyaku/


ドクター苫米地は疑いのない天才ですし、脳機能学者としての実績は国家権力ですら認める所です。
いずれノーベル賞を受賞するかもしれません。
しかしながら、この本を読んだ学習者の一体何人が広告通りの学習効果を達成出来るでしょうか?
日本の義務教育における英語学習の方法自体に多くの欠点があることは恐らく事実だと思います。
その部分に対する本書の指摘はいずれも鋭く的確なものですが、「辞書は一切使用してはならず、文法もまったくやってはダメ!」、「英語ドラマを観てとにかく英語脳をつくれ!」という学習方法にはちょっと閉口。
とにかく、文法を最重視する私の学習方法とは180度方向性が異なるアプローチだなあ~というのが感想です。

因みに、私はポルトガル語の学習を初めてかれこれ3年近くになるかと思います。
ただ、日々が多忙なので実際の学習時間としては週当たりせいぜい数時間程度。
完全独学で、使用しているテキストは市販の初級者向け語学書と辞書のみ。
学習方法はテキストの例文に従って基本文法を覚え、単語をその都度辞書で調べていく、という至ってノーマルなものです。
学習時間が殆どとれないので、スペルの書き込みは全くやっていませんし、ノートも殆どとっていません。
テキストを読み込む他は、お風呂の中や通勤途中の車内で発音練習する位です。
それでも日常会話程度ならすでにかなりこなせていますし、辞書一冊持っていけば今すぐポルトガル語圏で生活しても困らない自信があります。

もちろん、まだまだボキャブラ力が圧倒的に不足していますから、この先も膨大な時間をかけて学習を続ける必要はありますが、それでも勉強の方向性は既に掴んでおり、あとは時間の問題だけです。
時間が有り余るほどあり、あるいは小さな子供のようにこれから場数を踏んで母語脳を作って行ける人ならともかく、社会人が他国語学習をゼロからスタートする場合、徹底的な文法学習は避けて通れないと思います。

正直、この本の著者が苫米地氏でなければ、「たんなるトンデモ本!」と切り捨てている所ですが、
それでも実践論から一段抽象化した語学論には参考になる事が多いのも確かで、むしろ本書の真価はそこにあるのだと思います。

例えば、 「I love you.」 は、「私は君を愛している」とは決してイコールではありません。
「I love you.」は「I love you.」でしかないのであり、これを日本語で全くイコールに表現することは
不可能なのだと思います。
ともかく、一つの「読み物」として本書はとても面白く知的好奇心をほどよくくすぐる良書でありますね

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。