A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラントリノ

さて、暮れの激務によって疲れはてた体をゆっくり癒す暇もなく元旦から働きづめの可愛そうな私。
結局どこにも出かける時間などないので、せめてもの娯楽に久々にレンタル店にて映画を借りて観たのです。

今回借りたのがこれ、グラントリノ!



私はあまり映画通ではないので、この映画も少し前に話題になったのを知っていた位でして、どんな映画なのかも殆ど知らずに気まぐれで観たのです。
しかし、観た感想。
ズバリ名作です!
この映画の印象は「現代のアメリカに取り残された古き良きアメリカ」という所でしょうか?(あくまで私の受けた印象です、ハイ)

何せ主人公の名がコワルスキー。いかにもスラブ系といった感じの元フォードの組み立て工。
今は迂遠になっている息子がトヨタの営業マンという皮肉な設定がまず面白い!
自動車組み立て工などというと、日本ではさほどリッチなイメージを持たない職業だが、かつてのアメリカでは違う。
先日のGM倒産の要因が元従業員のレガシーコストにあった事からも分かるように、アメリカの自動車組み立て工は日本より遙かに高給で、手厚い福利厚生に恵まれた豊かな職業だったのだ。

さて、既に妻には先立たれ、後は悠々自適な余生を過ごす事を目論んでいたコワルスキーであるが、ある日隣に突然引っ越してきたモン族の一家によってその目論みは些かの修正を受ける羽目になる。
言わずもがなではあるが、この映画の監督兼主人公のクリントイーストウッドは共和党リバータリアン。
ダーティハリーのイメージを地で行く彼の思想は徹底した個人主義であり、かつ自分の身は自分で守る!というポリシーはこの映画でも随所に表現されている。

伝統的頑固保守親父達の多くがそうであるように、この映画の主人公コワルスキーも人種差別主義者であることを隠そうとはしない。
街へ出かければめっきり白人層の姿が減り、目につくのはスパニッシュ系、黒人、アジア系人種ばかり。
久しぶりにかかりつけの病院へ訪ねると、以前の主治医はすでに病院を退職し、新しく赴任してきた医師は若い中国人。
すっかり変わってしまったこの国の様子に彼はことある毎に愚痴をこぼすのであった。

そんな彼であるから、隣に越してきたモン族の家族達にも当初からあからさまに嫌な態度をとり続けるのであるが、その後不本意ながらも巻き込まれる様々な騒動を経て、彼らとの間に不思議な友情が芽生えていく.....
彼らと共に過ごすにつれて、自分の遺産にしか興味のない身内よりもそれまで毛嫌いしていたモン族達の方がずっと大切な存在になっていく描写は、嫌みやわざとらしさがなく、自然に感情移入出来る。
こういった演習はイーストウッドの以前の監督作「ミリオンダラーベイビー」でも感じたが、本当見事!の一言。
やがて、大きなトラブルへと巻き込まれるモン族の少年とその家族を救うべく、単身で武装し悪党の元へとはせ参じる姿は正にダーティー・ハリーの復活!といった所だ。
しかし......かつてのダーティー・ハリーのように悪党共を撃ち殺して一件落着、という結末を期待してはいけない。
主人公コワルスキーの闘い方はハリーとは全く違った方法をとるのだ。
戦う方法は一つではない。ハリーの闘う目的が悪を抹消する!点にあったのに対し、コワルスキーのそれはあくまで奇妙な「友人」を守る為であった。

ラストシーンで彼の愛車グラン・トリノが走るシーンは、やはり「ミリオンダラー・ベイビー」でイーストウッドが一人でレモンパイを食べるシーンと重なりなんとも切ない。
保守の人というのは、結局「想い出を引きずる人」なのではないか?
変わっていくことがまるで過去の記憶を消されてしまうことのように思えるのかもしれない。
だからこそチョイスできる物をあえて最小限にし、一度選んだ物には最後まで責任を持ち大切にする。
少なくとも主人公コワルスキーはそんな男である。
スポンサーサイト

FELIZ ANO NOVO!

明けましておめでとうございます!

昨年末よりPCが壊れまして、時々しかウィンドウズが立ち上がらない状況に陥ってしまっています!
立ち上がっても5~10分くらいでフリーズしてしまうといった状況でほとほと困り果てているのです。
今現在は幸い正常に機能しているのでせめて新年のご挨拶くらいは書きたいなあ~と思い立ち、久々にブログ書いてみました。
何とか書ききるまでPCがフリーズしないことを祈りつつ....

昨年は自分にとっては本当にろくな事がない一年であり、そしておそらくは今年もまたろくな事はないのでしょうが、それでも夢だけは沢山ある私カカセオであります^^
ともかく、良い一年にしましょう!

Que as suas vidas sejam sempre repleta de alegrias !

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。