A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Feliz Pascoa !

という訳でイースター「復活祭」です!
クリスマスは日本でも一種の国民行事と化していますが、イースターは殆ど話題に取り上げられることすらありませんね~
ただ、破壊と再生というテーゼはある種万国共通のものであって、そのテーゼをどの程度まで文化に反映させているのか?という点でお国柄の違いが出てくるのですね。
例えば我が国。
縄文時代の土偶などを見ると女性をイメージした物が多く、しかも意図的に壊されて埋葬されている場合が多々見られます。
これは死という破壊と出産という新たな生命の誕生を比喩しているわけで、未だ素朴なアニミズムだけの太古よりいかに日本人が「破壊と再生」という自然のサイクルを受け入れて来たのかが分かります。

今そこにあるものを失う事。
それは人にとって多くの場合あまりにも突然であり、悲しく、耐え難い苦痛を感じさせるものでありましょう。
しかしながらそれは自然界に厳しく存在する掟であり、それを絶対神が与えた試練と捉えるのか、宇宙の摂理と捉えるのか、いずれにせよ我々人間は誰でもやがて自らの身体すら失うべき存在なのですね。

さて、ブラジルではイースターにこんな形をしたチョコレートを知人同士で交換しあったりします。
DSCN4858.jpg

中を開けると.....
DSCN4859.jpg

DSCN4860.jpg

まるで日本のチョコエッグみたいだけど、チョコの中にはまたチョコが入っています^^
スポンサーサイト

恐ろしい国になろうとしている......

父の一周忌も無事終わり、そろそろ色々な事に対して踏ん切りがついた。
昨年は失うものばかりが多い一年だったけれど、これからまた新しい花を摘んでいけばよいのだ!
そんな訳で、またブログ再開!

それにしても、連日テレビに流れる無意味なCMはいい加減やめてもらいたいなあ.....
「日本は強い国」とか「ひとりじゃない」「みんなで力を合わせて...」云々という白々しいセリフを聞くたびに背筋が寒くなるのは私だけなのかな?
まるで戦時体制下の国威発揚放送を見ているかのようだ。
タレントやスポーツ選手は確かに外面だけは良いが、彼らが頑張って視聴率を稼いだり、プレーで得点を上げたところで放射能が除去される訳でもないだろうに...

「困ったときの精神力頼み」
これはいつになってもなくならない日本の悪い癖だ。

一体何をどう頑張れば良いのか?
みんなで一つに輪になって歌でも歌っていれば良いのか?
それは確かにタレントはテレビで歌でも歌っていればギャラが出るだろうし、サッカー選手はボール蹴っていれば拍手してもらえるのだろう。
しかし、多くの国民はそんな事をしている暇はない。

おそらく件のプロパガンダCMは本当はこう言いたいのだろう。

「日本は我慢強い国」
「復興まで長い道のりになるし、これからもまた大地震は起きる」
「復興にはお金がかかるかもしれんけど、みんなで力を合わせればなんとかなる!」
「みんなで痛みを分かち合おう、だから増税も我慢しよう!」
「みんなの我慢強さを信じてる」

そして、私のように増税絶対反対を唱える人間は「非国民」のレッテルを貼られて、市民権を剥奪されてしまうのかもしれない....

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。