A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河英雄伝説 その1

さて、これから時々私の大好きなアニメ「銀河英雄伝説」について書かせてもらいます。
まずは、第三期のエンディング動画を紹介します。

このエンディングをみる度に一人の友人を思い出します。


「三国志のSF版みたいなアニメだから絶対お奨めだよ~」

「ふう~ん、じゃあ見てみようかなあ~」

もともとアニメとか見るのあまり好きじゃなかったのですが、いざ見始めたらその面白いこと!
ストーリーの基本設定は銀河系に存する三つの勢力、自由惑星同盟・銀河帝国・フェザーン自治領らによる銀河の覇権を巡る戦い描いたもの。
原作は同名のSF小説だが、実質的にはむしろ歴史小説といったほうがしっくりくる。
主人公は二人の天才軍師。
民主共和制国家である自由惑星同盟に生まれた不敗の提督ヤン・ウェンリー。
そしてこのヤンと対峙するのが銀河帝国の下級貴族から這い上がっていく常勝の英雄ライン・ハルト。
この二人の対決はとにかく凄い!
「戦術家」としての実力ではヤン・ウェンリーの右に出るものはいない。
かれは自分の持つ豊富な歴史知識を下にいかなる不利な状況下においても敗北から逃れる術を持つ。
戦術レベルでは天才ライン・ハルトを凌駕しているのだ。
ところが、ライン・ハルトは銀河最高の「戦略家」なのである。
たとえヤン・ウェンリーがいかに戦術レベルでの勝利を重ねようとも、ライン・ハルトはそれ以前の「戦略」ですでに勝利しているのだ。

その結果ヤン・ウェンリーの属する自由惑星同盟はライン・ハルト(彼はやがて銀河帝国皇帝となる)率いる銀河帝国に敗れ去り、民主共和制も一度は滅亡することになる。

ここに紹介した動画はちょうどその辺りの時代のエンディング画面です。
すでにヤン・ウェンリーはこの世に亡く(彼は暗殺されてしまいます)、ヤンの愛弟子ユリアン・ミンツが画面をもの悲しげに見つめています。
画面に映るのはヤンとその夫人フレデリカ、そして彼らの戦友達。
いかに民主制が迂遠なものであっても、君主制のように時の権力者の器量次第で国民の運命が左右される不条理さに比べれば遙かにマシなのだ、それがヤンの一貫した姿勢だった。

そして、僅かに残る残党部隊を率いて、ライン・ハルト率いる銀河帝国へ戦いを挑むヤンの後継者ユリアン・ミンツ......


スポンサーサイト

コメント

ルイス対シュメリング

今日は又変わった趣味ですね。処で、The Fightからの一部の説明です。
The Fight ザファイトはジョールイスとマックスシュメリングの2回の対戦と彼等を巡るアメリカとドイツの市民の反応、歴史的状況等々が主題のドキュメンタリー番組です。ルイスは彼の前に黒人のボクサーで始めて白人のボクサーと戦いチャンピオンになったジャック ジョンソンの行いが余にも白人を挑発する態度で、ジョンソンがジムジェフリーを破った時黒人に対する暴動が起こったほどジョンソンは白人から嫌われていたと言う歴史があったので、ルイスのマネージャーはルイスに対して『白人女性と一緒に写真を撮らない』『勝利を自慢しない』『公衆の面前で感情を顕にしない』等々を含めたルールを作ったそうです。
 ルイスはチェロキーインデアンの血を1/4受け継いでいるそうです。ルイスの家族はアラバマからデトロイトに引越し、学校ではルイスは殆ど勉強に興味を示さず、しかも恥ずかしがりやで無口、低脳ではないかと疑われていたそうです。友達に連れられていったジムでボクシングに惚れ込み、母親にボクシングをしている事がバレない様に名前をジョー ルイス バーローからジョー ルイスと短くしたそうです。母親は熱心なクリスチャンでボクシングはクリスチャンのする事ではないと思っていたようです。時は世界恐慌の真っ只中ルイスが始めて稼いだ7ドルを母親と義理の父親に渡した時彼等は感謝して受け取ったそうです。
1935年に彼は$371,645稼いで居ます。当時の平均収入の300倍だそうです。今でも結構な額ですよね。
Stribling ストリブリング?との勝利で 1931年にシュメリングはヨーロッパチャンピオンで始めてアメリカンタイトルも制した世界チャンピオンになった。
1935年のタイトル保持者James J. Braddockジェイムス J ブラドックとヘヴィー級タイトル戦を戦う為にはルイスは実績を築く必要がある為、次々とマッチを戦い、同時にシュメリングも同じ道を進んでいた。と言う理由でルイスとシュメリングはマッチの契約をした。
ルイスとUzcudun.ウズクダン?とのマッチを見た後でシュメリングはインタヴューで『何かを見たよ(ルイスには隙がある)!』答えたそうです。その後でシュメリングはルイスのボクシングのフィルムを見て研究した結果、ルイスの左ジャブの後、ルイスの腕が下がる、(一瞬だがシュメリングの破壊力のある右腕のパンチを与えるには充分の時間)と言う事で、マッチに両者は臨み戦いの前の予想では10対1でルイスの勝利が予想されていたそうです。結果は12ラウンドでルイスのノックアウト負け。其の夜アメリカの各都市で黒人達は深い悲しみに沈んだそうです。其の後、シュメリングとブラドックはタイトルを戦う筈でしたがヒットラーの好戦的態度が米市民の反独感情を掻き立て、マッチのボイコットが予想されたのと、ルイス側がブラドックとのマッチの後ルイスの其の後10年間の利益の10%をブラドック側に与えると言う条件を提案したので、ブラドックはルイスとのマッチを選び、結果はルイスの8ラウンドノックアウト勝ちと言う事でルイスがヘヴィー級チャンピオンになったと言う事です。
 続く。

ejnewsさん、

こんばんは~

早速詳しい解説をお寄せ頂きありがとうございます!
なんか日本の拳キチが読んだら狂喜しそうなほど詳しい内容ですね。
ルイス対シュメリング戦の舞台裏をここまで詳しく書いてあるブログは他にはないでしょう!
続きも期待させてもらいますね~

ジョールイスは25回タイトル防衛という未だに誰にも破ることの出来ない偉大な記録を達成した王者ですが、彼の全盛時代はさほど良いライバルに恵まれたとは言えないんです。
おそらく最強のライバルがこのマックスシュメリングだったと思うのです。
彼が最後にグラブを交えた相手がロッキーマルシアノ。
その後アメリカで絶大な人気を博した白人の世界チャンプです。
ルイスはマルシアノにKO負けを喫して引退しますが、その時のルイスには既に往年の力はなかったのです。
面白い事に、ルイス、マルシアノ両選手とも来日経験があるんですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。