FC2ブログ

A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7号室のニンカ?

Ja faz muito tempo que eu nao tenho escrito este blog

と言うわけで久しぶりに顔を出しにきました。
こうまで間を開けてしまうと、ブログとはいえ何か遠く離れていた故郷へ帰郷したようなある種のノスタルジーすら感じてしまうものです........

「人間、一つの場所に長くいるとそこが自分の場所になる」
なるほど確かにそうですね。

さて、実はこの所ずっと一つの海外小説を探しているのですが、見つからなくて困っています。
確か私の記憶では「7号室のニンカ」というタイトルだったと思うのですが、ネット検索しても出てこないのです。
作者も全く覚えていないのですが、確かロシア文学だったような気が....

ストーリーはこんな感じでした......

主人公はニンカという名の貧しく、器量の悪い女の子なのです。
彼女が住む街へあるとき一人のハンサムな男の子が引っ越してきます。
その男の子は引っ越し先の子供達に馴染む事が出来ずいつも一人ぼっちでいるのです。
そんな彼をいつも遠くから見守るニンカ。
そう、彼女はその男の子に密かな恋心を抱いていたのでした。
ある日、彼はいじめを受けた事が原因で近所の子供達と喧嘩になってしまいます。
多勢に無勢の中、ニンカだけが優しく彼に近づき、彼をいたわろうとしたのです。
ところが、彼はそんなニンカを冷たく拒絶するのです。
「お前、自分の顔を鏡で見たことあるのか!」
このような冷酷なセリフを投げつけられたニンカは泣きながら逃げるように自宅へ帰るのです。

そして、その後のシーンがいつまでも私の印象に深く残っているのです.....

泣きながら帰宅したニンカは出迎えた母の胸にすがりつくのです。
ひとしきり泣いた後、ニンカは何気なく母の顔を見上げます。
そのニンカの目に映ったのは

「ニンカと同じく醜い母の姿だった.....」

私はこれほどまでに残酷で胸を打つ一文を他に知りません。
この小説を初めて読んだのは私がティーンエイジャーの時でしたが、その後歳を重ねるに従いこの一文に対する切なさがより深くなっていくのです。
今の年齢になってあらためて私は素直に思うのです。
自分の姿形が自分の愛する人によって全否定された悲しみ。
こんなに辛いことはそう多くはないのでは。



スポンサーサイト

コメント

お帰りなさいませ!

カカセオさん!
更新、お待ちしておりました~♪
カカセオさんの帰省を待ちわびる故郷の古狸もおりますので、
ふるさとは忘れずにお願いしますよ~(笑)
お仕事忙しいですか?

7号室のニンカ・・・ですか。
年頃のお嬢さんにとっては、この上なく辛辣なとどめの一撃ですね。

Nemoさん、お久しぶりです!
温かいご声援ありがとうございます!
お陰様で仕事の方は以前と比べると随分暇になったのですが、その反面収入も激減しているので困っています。
新刊本を買う予算がないので最近はもっぱら古本屋めぐりしています^^

この小説、本当にこのタイトルだったのか?記憶が定かでないんですよ。ググっても出てこない所をみるともしかしたら違うタイトルだったのかもしれません。
ニンカは最後は野戦看護婦になって戦場で死んでしまうのです。
悲し過ぎる結末ですが、それでも彼女は最後まで力強く精一杯生きたということなのか?作者が何を伝えたかったのか、もう一度この小説を読んで確かめてみたいのです。

不定期ながらこのブログも時々は更新したいと思います。
普段の生活で本音が言える場所って、このブログを含めて僅かしかないですからね。

此のポルトガル語は“長い間ブログを書いてなかったので...............................”と言う様な意味ですか?スペイン語の単語に似てるのがあるので其れで想像しているのですが...................?
 ニンカの話はスターリン時代の話ですか?ロシアの映画でNinkaと言う名前の女性の出る映画があったようですが............。
 然し、愛する母親が自分と同じ醜い姿だったと言うシーンで作家は何を言いたかったのでしょうね?
 まあ、世の中は平等には創造されていない様ですから作家も色々な話が書ける訳で、仏様のいる極楽浄土で皆蓮の花の中で居眠り出来る様な社会だったらいろいろな小説の名作は出来てない事になりますから複雑な気持ちになりますね!
 処で日本は如何ですか?大変そうですね。こっちもオバマ政権が必死になって銀行の巨大な赤字を隠そうとしていると言う話です。家を失っている人々に効果的な救済策が出されて無い様で失業対策も今の所此れと言った成果も無いんじゃないでしょうか?暫くの間は戦々恐々と言って処ですね。

ejnewsさん

ご無沙汰しております^^
お恥ずかしながら最近はすっかり筆無精になってしまいご覧の体たらくであります(汗)

上記のポルトガル語訳ですが、ズバリ正解です!
スペイン語もポルトガル語も殆ど同じですね~

このお話ですが、私も時代背景等をハッキリ覚えていないんですよ。
ただ、おそらくニンカが従事した戦争は第二次大戦だと思うので多分スターリン時代のお話なのだろうと思います。
本当、早く探し出してもう一度じっくり読み返してみたいです。

日本は新型インフルエンザの話題でもちきりですよ!
私などはインフルエンザごときでどうしてここまで大騒ぎするのか全く理解出来ませんが.....

政治については、民主党の小沢一郎が代表を辞任しましたが、昨年末まで盛り上がっていた政権交代ムードもなんとなく尻すぼみになってきた感じがします。
いずれ詳しくブログ本文にも書こうと思うのですが、自民党が実施した景気対策も私からみるとそれは酷い愚策のオンパレードですが、悲しいかな殆どの国民はまんまと騙されているようです。
アメリカも同じようにみえるのですが、どうも最近の権力者達はなりふり構わないというか世論操作の手口がかなり雑になっているように思いませんか?
それだけ状況がせっぱ詰まっているという事でしょうか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。