FC2ブログ

A VIDA EM ROSA

日本文化とポルトガル語を愛する私の部屋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民主権!

さて、いよいよ総選挙である!
本当であればとっくに政権交代が実現していた筈だったがまあそれは良い。
ともかく往生際の悪い自民党ももはや逃げられないのだ!
これだけワクワクする選挙が過去にあっただろうか?
2001年4月以来、我々国民は常に騙され続け多くの国民が多くの幸福を奪われ続けてきたのだ。
もうこれ以上騙されてはいけない。
先日たまたまテレビをつけたら元総理のバカ息子が白々しく泣いていた。
盗っ人猛々しいとは正にこの事ではないか!

世の中なんて元から不公平なものではあるし、いつだって搾取するものとされるものがいる。
何時の時代のどの国にも貧乏人はいるのだ。
動物の世界なんて人間界とは比べものにならないほど激しい弱肉強食の非常な掟に支配されている。
人の人生だって基本的には「闘い」なのだ。
しかし、我々人間はより大きな繁栄の為に少しばかり知恵を身につけた。
純然たる競争社会がもたらす力の格差が生み出す大きな不幸に気がついた人間達は、信頼出来る権力者にその冨の一部を授権し、それらの公平な再分配によって自分たちがより安住出来る社会を作り挙げるという理想を持った。

大いなる力を持った者には、それだけ大きな責任がある。
帝王学の基本すら完全に忘れ去った指導者たちにはもう用はない!
権力の犬どもよ!
居る資格のない場所から直ちに立ち去れ!
犬は犬小屋へ帰れ!

......と言うわけで何時になく興奮した文章になりましたが、別に気が狂った訳ではありません^^
ただ、私に限らずこのような気持ちを持っている国民は少なくはないのです。
本当だったら、国家権力と真っ正面から対峙し国民に正しい情報を伝えなければならないマスコミは現在一体なにをしているでしょうか?
芸能人の覚醒剤問題などどうでも良いのです。

日本は本当に財政危機なのですか?

消費税増税は本当に必要なのですか?

年金問題、医療費問題、環境問題、すでに我々国民に植え付けられているこれらに対する負担増やむなしという常識が全て嘘だとしたら.......

今立ち上がらなくていつ立ち上がるのだ!
日本国民!


スポンサーサイト

コメント

 お元気ですか?日本は秋が感じられる様になってきましたか?南カリフォルニアはこれから9月の後半にかけてもっと暑くなります。
 選挙と言えばアメリカも国民は“義務教育”と言う国民の税金を使った“嘘”を教え続けられているのでレーガンやブッシュの様なファシストと変わりない政治家に簡単に騙されるのです。
 アメリカの場合、状況に不満を持った保守的な人々(主に白人)が無知から来る憎悪の為、庶民の生活の安定の為に政治的足枷が許す範囲で努力をしているオバマ民主党政権を攻撃しています。
 つい最近もオバマの社会健康保険設立反対の“偽草の根運動(此の草の根運動は保険会社や保守団体から資金が出ている)”に操られ社会健康保険反対デモに参加していた貧しい健康保険を持たない黒人(!?!?!)がデモ中事故で骨折し、医療費に困り寄付金を募っていると言う悲しいニュースが有りました。
 日本の“保守”と呼ばれる人々も、彼等の何か“国(?)の誇り”や“権利”や“安楽な生活”の様な物が誰かによって侵害されていると言う強迫観念に取り付かれる人々の様に見えると思いませんか?そう言った理由なのでしょうか、彼等は常に憎しみの対象が必要な様で(日本では中国人や韓国人、北朝鮮人、等が彼等の憎しみの対象に成り易い見たいですね)彼等が勢力を得ると中国や韓国等と平和な友好関係は期待出来ないので恐ろしいですね。
 処で、弱肉強食と言えば御存知の様に、ダーウインの説を曲解した人々によって提唱されたソシアルダーウイニズムsocial Darwinism(ハーバート スペンサーHerbert Spencer等。唯、ダーウイン自身もトーマス マルサスThomas Robert Malthusに思想的に影響されていたそうですからダーウイン自身も最初は“弱肉強食”をソシアルダーウイニストの様に自然淘汰と言う表現で単純に考えていた節が有りますね)の社会の捉え方で、後にナチスドイツのナチ党の思想基盤になるのですが、日本でも未だに単純な“自然淘汰”や“弱肉強食”と言うイカサマ理論で保守思想を正当化している人々が多い様ですね。-----困った問題は、保守と言われる人々はこの様な知識が無く議論にならないのが普通の様ですが------------。
 

ejnewsさん、こんにちは!
こちらは日中はまだ残暑が厳しいものの、夜風には大分爽やかさを感じるようになってきました。
そちらはこれからが厚さ本番なのですか?
夏バテにはくれぐれもお気をつけてくださいね。

アメリカの医療保険改革は大分もめているようですね。
日本の新聞などでもその辺りの事情は取り上げられています。
なんでもカリフォルニアでは歯科治療には公的保険が適用されなくなったとか。
世論も過半数以上が国民皆保険制度に反対しているそうですね?
やはり教育の問題が大きいのでしょうね。

日本の保守層は殆どが保守の皮をかぶった売国奴ばかりだと思います。
大体、日本文化の伝統を重んじる立場の筈の保守がことごとく日本の良き風習を壊して来たのですから....
仰る通り、日本の自称保守派は中韓を徹底的に嫌い、アメリカを過度に賞賛するという傾向がありますね。

ダーウィンの説いた適者生存や自然淘汰の理屈は結局は西洋人の優越性を正当化するために利用されてしまった訳ですが、そもそも自然科学での理論を政治へ転用(単なる悪用ですが)するという子供じみたことをいつまでも平然と実行する輩が未だに存在することが問題ですよね。
人間にはとかく「理屈」というものが必要ですが、どんな理屈であれそれが弱者糾弾への正当化として使われる時、そんなものはその時点で無価値と見なされるべきですね。
それこそが人間が人間らしく生きるための根本規範だと私は思うのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

プロフィール

カカセオ

Author:カカセオ
年齢・性別不詳。
使用する言語は日本語・ポルトガル語。
「美しい人生とは?」を常に追い求めています........
歴史の話、語学の話が大好きです。

銀河英雄伝説名言録



present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」

FC2ブログランキング

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。